2018年1月 8日 (月)

「2018年」

1523201115511.jpg


2018年
新しい年が始まりました。

1月8日 今日は一粒万倍日。

たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り
素晴らしい稲穂になることを表しており

「手元にあるわずかな物で始めた事が何倍にも膨らむ」
とされ、新しい物事をスタートするにはベストの日だそう。

何かを始めるのに良いと言う今年最初の一粒万倍日の本日
個人的にも新たなスタートをして行きます。

ケンブリッジの森のギャラリーEFFORも
レンタルスペースとして少しずつですが
始動しております。

遅くなりましたが
本年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2018年」

1523201115511.jpg


2018年
新しい年が始まりました。

1月8日 今日は一粒万倍日。

たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り
素晴らしい稲穂になることを表しており

「手元にあるわずかな物で始めた事が何倍にも膨らむ」
とされ、新しい物事をスタートするにはベストの日だそう。

何かを始めるのに良いと言う今年最初の一粒万倍日の本日
個人的にも新たなスタートをして行きます。

ケンブリッジの森のギャラリーEFFORも
レンタルスペースとして少しずつですが
始動しております。

遅くなりましたが
本年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2018年」

1523201115511.jpg


2018年
新しい年が始まりました。

1月8日 今日は一粒万倍日。

たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り
素晴らしい稲穂になることを表しており

「手元にあるわずかな物で始めた事が何倍にも膨らむ」
とされ、新しい物事をスタートするにはベストの日だそう。

何かを始めるのに良いと言う今年最初の一粒万倍日の本日
個人的にも新たなスタートをして行きます。

ケンブリッジの森のギャラリーEFFORも
レンタルスペースとして少しずつですが
始動しております。

遅くなりましたが
本年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

「Vanillko」


1509113168572.jpg

「Vanillako」
焼津の造園屋さんのお家の一角に「Vanillako」
が明日10月28日OPEN。

20代の若い女性パティシエ、塚本さんが作るフランス菓子のお店です。
1年前、近くの「カフェバール・ジハン」での
「焼菓子のお店を開きたいけれど、どうしたら……」の一言から
始まったこのプロジェクト。

塚本さんのおじ様の棟梁を筆頭に、造園業のお父様がお庭や駐車場
お姉様がロゴやDM、ゆっくり大事に大事に作ったお店です。

建物が出来たのは40年前、今回スケルトンにした事で現れた梁は
棟梁が若い頃削り出したものだそう。
建物の空気感を壊さないように、活かせるように
各地からアンティークの家具や雑貨が集まりました。
明日、そのお店いっぱいに焼菓子が並びます。


1509113169340.jpg


フランス焼菓子 Vanillako
焼津市中根199-1
木.金.土.日 10〜18時OPEN

国道136号線から入って直ぐですが、お家の敷地内
造園用の大きな車庫の後ろにあります。
入り口の黒い黒板看板を目印に白い建物を見つけて下さい。


1509113170146.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

「益子へ」

「益子へ」

ケンブリッジの森 にとって 大事な聖地 益子。
益子にはWakaさんやKINTAさんをはじめ
尊敬して止まない兄貴や先輩、友人
そしてスターネットを訪ねてきました。

益子に通い続け15年以上 もう何回通ったのだろうか。
毎回訪れるたびに思う事は
どんな時でもいつも変わらない笑顔で
どっしりと温かく迎え入れてくれる。
今回もそんな力強い優しさを実感し
更なるエネルギーをいただきました。

23日の秋分は一年でも大きな節目のひとつ。
2017年の折り返しと同時に新な半年のスタートの日。

聖地 益子で浄化と軌道修正が出来
更にリセットと新しいスタートの始まりとなりました。


1506307657412.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「益子へ」

「益子へ」

ケンブリッジの森 にとって 大事な聖地 益子。
益子にはWakaさんやKINTAさんをはじめ
尊敬して止まない兄貴や先輩、友人
そしてスターネットを訪ねてきました。

益子に通い続け15年以上 もう何回通ったのだろうか。
毎回訪れるたびに思う事は
どんな時でもいつも変わらない笑顔で
どっしりと温かく迎え入れてくれる。
今回もそんな力強い優しさを実感し
更なるエネルギーをいただきました。

23日の秋分は一年でも大きな節目のひとつ。
2017年の折り返しと同時に新な半年のスタートの日。

聖地 益子で浄化と軌道修正が出来
更にリセットと新しいスタートの始まりとなりました。


1506307657412.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

「益子」

「益子」

藤原の聖地益子。
今回は打ち合わせも兼ねて賑やかな陶器市へ。

夜中に出発し朝焼け、そして朝陽を浴びながら
益子に向かう。

第一目的地KENMOKUテント村に到着。
前回「石川 若彦 うつわ展」を開催した
若さんのテントでは美しい器に囲まれながら
美味しい日本酒と手羽先が食べられる。

そのお隣のKINTAさんテントは
色々な木材のトレーや器
遊び心あるアイアン達がお出迎え。

娘は木実さんのテントで益子の土と戯れて作品創り。
その間に私達はstarnetへ。

tonericoでは時空を超えた静寂な空間に
様々な想いに包まれた時間を過ごす。

滞在時間14時間
益子の方々の優しさに触れ
改めて益子の魅力を再確認した日でした。


1493922047243.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

「伊東のギャラリー」

「伊東のギャラリー」

今回カメラマンのお施主様より
1Fをギャラリースペースに変更したい
というご依頼をいただきました。

お施主様のご希望のベンガラ色のピンクやブルーを天井の色に取り入れ
今までにない色彩を中川がかなり苦労して
忠実なる色を出すコトが出来ました。

1488760816856.jpg

2週間という短い施工期間も
見事に仕上げてくれました。
現場監督 籠島番長を筆頭に
素晴らしい仕事をありがとうございます。

1488760817536.jpg

お引き渡しの日
お施主様の笑顔が何よりの報酬でした。


施工 ウッドクラフト カゴシマ
デザイン ケンブリッジの森


1488760818281.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

「伊東 ギャラリー」

「伊東 ギャラリー」

1488548202990.jpg

窓の外の景色は水平線と森だけ
伊東の自然を独り占めのギャラリー。
河津桜に見守られたリノベーションが無事
お引き渡し出来ました。

ツヤあり打放しコンクリートの壁は白一色に。
大理石本磨きの床はツヤ消の床に。
飾られる作品が素敵に生きる空間に。
奥の小さなサロンとトイレは特別な空間。

1488548203469.jpg

天井を普通の塗料では再現出来ない色のため
クライアントさんとお互いに頭に浮かんだ色を
言葉で表現して伝えるのに一苦労。
652色の色チップの中から選んだ色を
塗装屋さんが色を加えたりツヤを消したり
試行錯誤を重ねて再現して下さいました。
わらスサの壁としっくり合った空間が出来上がりました。

オープンされる日が待ち遠しいです。

1488548203802.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

「河口湖 富士山の見える家 定例」

「河口湖 富士山の見える家 定例」

1485769560148.jpg

小春日和の屋外定例。
真っ白な雪の絨毯と、綺麗な富士山。
これは室内に入ってしまうのは勿体無い。
大人チームは図面を囲み、
子供チームは雪遊びに大興奮でした。

1485769560596.jpg
ロッカールームを作ろうか、滑車でおやつを運ぼうか。
大きな秘密基地になりそうです。

1485769560963.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧