« 「デザインと欲」 | トップページ | 「デザインプレゼンテーション」 »

2015年2月20日 (金)

「ふたりの料理人」

220

「ふたりの料理人」

先日、三島のふたりの料理人と勉強を兼ねて都内へ。

天ぷらの近藤。何かを得ようと、一生懸命に近藤さんの仕事を見る。

手さばき、油の温度、野菜の鮮度、仕上がり。

最後に出てきた幻のサツマイモの天ぷら。一同感動。

自分はひとりで楽しくパクパクと(笑)。

その後、行列のブルーボトルコーヒーへ。

今の流行りにあまり興味がないふたり。

「なんで並んでるんですか?一杯90円ですか?」だって(笑)。

次に、またトレンドな湘南Tサイト。

ふたりは料理の本のコーナーに一目散。

そこから一歩も動かず、天ぷらの本を読みあさる。

どうやら油の温度を調べているようだ。

他の場所には全く興味持たず(笑)。

そして、次の日の朝、ふたりはサツマイモを買い、

前の日に食べた天ぷらを再現してみせた。

2202

私の仕事は、トレンドも追わなければならないし、

行って、見て、体験もしなければならない。

確かにコーヒー一杯に何時間も待つ不思議さも感じるし、

メディアの影響力も感じる。

ただその前に、

ふたりの料理人のような姿勢や感性を学ばなければならない。

沼津三島にはスターバックスさえ来ない。

ならば、ナショナルチェーンに頼らず、ふたりのお店のように、

しっかりと地に足をつけて、地元の人でいっぱいになるお店こそが、

生き残り、手本になるのではないかと。

三島が盛り上がる理由のひとつである。

|

« 「デザインと欲」 | トップページ | 「デザインプレゼンテーション」 »

沼津な人・静岡な人」カテゴリの記事