« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

「IZUMIYA by ninoe」

2

「IZUMIYA by ninoe」

ニノエの橋本さんが、沼津槇島にて鉄板のお店を。

店内を一部リニューアルして、新たなスタイルで31日にオープン!

1

カウンター席、テーブル席、個室。

個室のテーブルはOFCの大田氏に依頼。

ランチ営業は、2月9日から。予約した方が良いかと思います。

3

電話番号/0559318002

住所/沼津市上香貫槇島町1336-17

ランチ12:00~14:00 ディナー17:00~22:00

定休日木曜日

|

2015年1月29日 (木)

「DENIM LAB」

4

「DENIM LAB」

清水町卸団地の東に、来月オープンするセレクトショップ。

工事が終了し、看板設置、什器搬入。

学園通りのBE-FREEが、新たなスタイルで始動。

1

2月3日火曜日からプレオープン。

営業時間11:00~19:00  055-955-9911

4110914清水町畑中33-21 元サークルK スロットタムラ南

2

|

2015年1月26日 (月)

「D&DEPARTMENT」

126

「D&DEPARTMENT」

沼津も東京も今日は暖かい。久しぶりに奥沢へ。

ナガオカケンメイさんと打ち合わせ。

以前から聞いてみたいコトが聞けた。

クライアントとデザイナーとの距離感や関係性。

沼津の印象や、これから必要なコト。

あと、ナガオカ家のワンちゃんのコト・・・・・。

楽しい時間だった。

|

2015年1月25日 (日)

「IZUMIYA by ninoe」

125

「IZUMIYA by ninoe」

ニノエの橋本さんが、沼津槙島にて鉄板のお店を立ち上げる。

新たなスタイルで、来年1月31日にオープン。

カウンター席、テーブル席、個室。お楽しみに!

1252

|

2015年1月24日 (土)

「デニム ラボ」

124

「デニム ラボ」

現在施工中のセレクトショップ。

清水町の卸団地近くのコンビニ跡。

沼津学園通りの「BEEFREE」が移転し、新たなスタイルに。

|

2015年1月22日 (木)

「デザインで街は変わる」

Photo

「デザインで街は変わる」

って信じてやってはいるが、現実的には、

かなり難しいし、時間がかかる。

ただ、何もしないよりかは、街のために少しでも貢献したい。

最近、定期的に沼津市役所の各部署の若手達と逢い、

テーマを決めて、話し合う。語り合う。

一緒に、街のために、何かを創りあげる。

そんな時間から学ぶコトがあるし、気がつくコトもある。

どうせなら、カッコいいモノや素敵なモノを創り、

やがて遥か先になるかもしれないが、

沼津のデザインっていいよねって言われたい。

|

2015年1月19日 (月)

「SCAPES」

1

茅ヶ崎で、建築見学とデザインの打ち合わせ。

その前に、葉山でひとりランチ。寂しく(笑)。

夕方から夜まで、湘南Tサイトにて打ち合わせ。

資料もいっぱい。凄く便利な場所(笑)。

2

|

2015年1月16日 (金)

「デザインファイリング」

1

「デザインファイリング」

この一年間、自ら訪問して、刺激を受けた空間デザイン。

東京、横浜、大阪、京都、尾道、ポートランド、ベトナム。

頭の中を整理整頓するためのファイリング。

クライアントと一緒に眺めるのが楽しみ!

|

2015年1月14日 (水)

「ママの誕生日」

1_3

今日は、ママの誕生日。

娘が学校から帰ってきてから、青山骨董通りへ直行。

散歩したり、お茶したり・・・・。

2

夕食は「CICADA」で創作料理。

おめでと~。

1_2

|

2015年1月12日 (月)

「みんなの夢、それぞれの夢」

111

みんなの夢、それぞれの夢。

三連休は、住宅プロジェクトの打ち合わせ。

沼津、富士、三島、長泉。

楽しくなりそう。

|

2015年1月 9日 (金)

「10-1 Kettle」

101 

「10-1 Kettle」

三島一番町ジュウノイチケトル。

1月9日金曜日、いよいよグランドオープン!

オーナーの真由美さんは、今まで、

茅ヶ崎のサザンビーチカフェのキッチンを担当してました。

物件探しからご一緒させて頂き、念願のお店が完成。

皆さんで三島界隈を盛り上げてください。

三連休は休まず営業。9時から18時。

定休日は月曜日。ランチもあります。

10-1 Kettle 〒411-0036 三島市一番町10-1

TEL: 055-919-4972 http://10-1kettle.skr.jp/

|

2015年1月 4日 (日)

「仕事の重みと想い」

11

「仕事の重みと想い」

仕事に大きい小さいはある。規模、面積、容量、投資資金。

ただ、我々創り手の仕事は、大小関係なく、やるコトは一緒である。

小さければ小さい程、考え悩む時間が多いし、難しい。

綺麗事に聞こえるが、決して仕事は大小ではない。

どんなに大きくても、どんなに小さくても、「仕事の重さ」は一緒である。

1

クライアントは夢を語り、その想いを我々に託す。大きなお金も動く。

重圧や責任を感じる。それを取り除くためにも、考え、悩み、調べ、妄想して、

頭の中で何度も何度もシミュレーションし、考えを白紙に描き始める。

行ったり戻ったりの連続の作業。描いては消して、消しては描いて。

「仕事の重さ」を感じるからこそ、自分が納得いくまで自分と戦う。

だから軽々しく「仕事は楽しい!」なんて言えない。

仕事の重さを感じ、苦しくなる時もある。

12

それでも、ここまで17年近くやってこれたのは、

まず、この仕事が小さい頃からの夢だったからである。

壁にぶつかり、苦しい時も私を支えてくれる仕事仲間がいるからである。

そして、その先にクライアントの喜びや笑顔が待っているからである。

今年も、しっかりと仕事の重みを感じながら真っ直ぐ前に進みたい。

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »