« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

「創造都市ポートランドから」

1

「創造都市ポートランドから港町沼津が学ぶこと」

~藤原慎一郎×岡島悦代 トークライブ~

ポートランドの本「TRUE PORTLAND」の編集に関わった、

沼津出身のコンテンツクリエーター岡島さんと一緒に

街について語ります。

デザイナーとして、クリエーターとしてポートランドで感じたコトや、

我が街沼津のこれからの課題について話す予定です。

是非遊びに来てください。7月23日(水曜日) 19:00~

詳しくはこちらから。

http://numazujournal.net/2014/06/portland/

|

「住まいの提案・静岡」

630

「住まいの提案・静岡」

住宅専門誌に、表紙巻頭から弊社の仕事が特集されました。

清水町の川の畔の家や田京のアンヴェール、ビアンコ、弊社事務所等。

30日月曜日から県内書店にて発売。

是非ご覧になってください。

|

2014年6月28日 (土)

「吏那と鎌倉散歩」

629

「吏那と鎌倉散歩」

仕事が終って、夕方から吏那のリクエストで雨の鎌倉。

散歩しながらカフェやカレー屋さんに。

6292

今日も「ちあきに逢いた〜い」って本気で捜す(笑)。

最終回の和平とエリナのタイムマシーンの会話、泣けた〜。

6293


|

2014年6月27日 (金)

「KASHI KICHI」

627

「KASHI KICHI」

7月26日に熱海商店街にオープンする焼き菓子のお店。

今日は、工事関係者が集まり最終調整と

パッケージデザインの提案。

いよいよ来週から工事着工

|

2014年6月23日 (月)

菓子問屋「あまのや繁田平作商店」。

Pasu

菓子問屋「あまのや繁田平作商店」。

静岡伝馬町に老舗問屋の建替工事がいよいよ始動。

現在基礎工事。来週上棟式。

今までの長い伝統と新たなスタイルで、

あまのやが生まれ変わる。

|

2014年6月22日 (日)

「牧之原プロジェクト」

Photo

「牧之原プロジェクト」

静岡が世界に誇る日本茶。牧之原の大地のど真ん中。

静岡のデザイナーとして、いちばんやらなければならない仕事。

いよいよ始動。

|

2014年6月21日 (土)

「愛鷹大工と創る家」

1

「愛鷹大工と創る家」

工事も終盤、足場が取れる。建物の全容がはっきりと。

現在、仕上げ工事真っ最中。

リビングと廊下は漆喰仕上げ。

塗装の職人さんも丁寧に仕上げる。

7月末に完成予定。

2

|

2014年6月20日 (金)

「旅の相棒」

1_2

「旅の相棒」

初めて訪れる街には、少ない手掛かりと資料、

現地でのコミュニケーションが重要である。

今回の相棒は、「TRUE PORTLAND」と「POPEYES」。

2

出発前にポートランドに詳しいライターのふたりにヒアリング。

「TRUE PORTLAND」の編集に関わった岡島さんと

「CASA BRUTAS」などのライター阿久根さん。

ふたりが推薦するエリアやお店を聞き、自分なりに歩き方を考える。

現地ではライターのヒトミさんからマニアックな歩き方を習う。

1

2冊の相棒を鞄に押し込み、デザインの旅は始まった。

初めて歩く街は胸が高鳴る。本を片手に目的地を目指す。

ダウンタウンにパールディスクリクト。

気になる路地の先には必ず何かがある。

行くか行かないかは、自分との戦い。雨も降ってくる。

ポートランドに来ても雨男健在。

3

ある日の早朝、工場地帯を横切る。向こうには目的地のカフェが。

治安がいい街ではあるが、少しためらう。久しぶりに緊張する瞬間。

ダッシュで数ブロック走り、クタクタになりながらカフェに辿り着く。

そしてまた驚く。早朝にも関わらず、カフェを支える多くの客達。

いわゆるアンチスタバ(笑)。

かっこいいバリスタと近所のお爺さんのやりとりがほのぼのしい。

4

ある日は、自転車を借りて郊外へ。

取り憑かれたように、初夏で鮮やかな緑の住宅街を走る。

サウスイーストエリア。老舗のカフェでひと休み。そしてまた走る。

豊かな街と豊かな時間。時間があればもっともっと走りたかった。

最後の夜に選んだ小さな創作レストランでは、

農家からきた新鮮な野菜の丁寧な料理に感動する。

この街のバリスタやシェフ、クリエーターの共通点は、

とにかく仕事を心から楽しんでいる。みんな心から笑っている。

そして、豊かな心を持っている。

2_2

旅は歩いてなんぼ。ハプニングがあってなんぼ。

そこから新たな出逢い、新たな考え、新たな発想が生まれる。

だからまた旅をしたくなる。次の旅に向けて、仕事に気合いが入る。

人間として、クリエーターとして多くのコトを学んだデザインの旅だった。

|

2014年6月16日 (月)

「PORTLAND」

1

「PORTLAND」2014.6.11-6.15

創造都市オレゴン州ポートランド。

都市再生の成功例として脚光を浴びている、

クリエイティブな街を今回のデザインの旅に選んだ。

2

この街を歩いて、何を感じ何に感化されるかを。

早朝から深夜まで、街の中で隠されたヒントを参考にして、

この街の魅力を探し続けた。

3

サードウェブコーヒーの文化を持つ多くのカフェ。

地産地消にこだわるレストランやファーマーズマーケット。

見事にリノベーションされた建築やインテリア。

4

文化レベルをあげる教育や本屋さん。

クリエイターや料理人の共存と共有。

とても親切な街の人々。

5

そして、いちばん感じた豊かなココロとぶれない方向性。

初めて来たポートランドを簡単に語るコトはしたくないが、

この街を歩いたコトで、昔夢見ていた頃の気持ちを思い出し、

純粋にシンプルに仕事を楽しみたいと感じた。

1_2

そして、出発前の前と現地でお世話になったクリエイター、

ライターの皆様に感謝します。

いい充電ができました。

2_2

Day1/STUMPTOWN COFFEE. ACE HOTEL & CLYDE COMMON.

THE GOOD MOD. DEPARTURE.

1_3

Day2/COFFEE HOUSE NORTHWEST.

ALBERTSt.  BOLLYWOOD THEATER.  SALT & STRAW.

SWEEDEEDEE. BEAM & ANCHOR. COAVA COFFEE ROASTER.

4_3

Day3. /PEARL DISTRICT. BARISTA PEARL DISTRICT. 

KENNY & ZUKES DELICATESSEN. OVEN SHAKER.

3_2

Day4. /FARMERS MARKET. HEART. HEART ROASTERS. CANTEEN. 

COAVA COFFEE Ⅱ. PARK KITCHEN.

DAY5. /POWELLS BOOK.

|

2014年6月10日 (火)

「ピラティスボディー」

1

「ピラティスボディー」

沼津で生まれ育った私が、沼津で仕事をして、

沼津の仲間と沼津な店舗を創る。

そこで、沼津の人が働いて、沼津のために貢献する。

2

そんなシンプルな連鎖こそが街の活性化に繋がる。

まずは勝手に沼津高島町高沢町を盛り上げたい。

|

2014年6月 9日 (月)

藤枝の製茶工場

1_2

藤枝の製茶工場。

タイムスリップしたような仕事場。

ジブリー映画にでてきそうな・・・・。

アナログで丁寧な仕事に感服。静岡の誇りである。

2_2

|

2014年6月 8日 (日)

「鎌倉散歩」

68

「鎌倉散歩」

本気でチアキことキョンキョンを捜す、健気な娘(笑)。 

|

2014年6月 6日 (金)

「ライオンズvsジャイアンツ」

66

「ライオンズvsジャイアンツ」毎年恒例のドームバックネット裏。

愛する最下位のライオンズの応援。完全アウェーだけど(笑)。

それにしても、ジャイアンツは凄い打線。

下位打線が長野、阿部、ロペス。

ひとりライオンズにくれ!ベンチの由伸くれ!

で、試合の結果は延長戦サヨナラまけ〜!(笑)。

無茶苦茶せつない。

|

2014年6月 5日 (木)

「ピラティスとシガー」

651

「ピラティスとシガー」

本格的に工事が着工したピラティススタジオ。

夕方沼津北口の現場にて確認作業。

その後、近所のシガーバー。

652

深夜まで続いたピラティスとシガーの話。

真逆な存在ではあるが、掘り下げていくと幾つかの共通点。

実に面白い。ギアがひとつあがった。

| | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

「TOKYO WALKER」

1

都内で活躍している様々なジャンルのクリエーター、

デザイナー、ライターと話すコトができた。

沼津の田舎者を快く受け入れてくれて、

お互いの熱い気持ちをぶつけるコトができた。

2

最後は代官山蔦屋のトークショーへ。

スウェーデンのエクスペリエンスデザイナーの話がとても興味深かった。

かなり刺激的な一日で、

まだまだやらないといけないコトがたくさんあるコトに気づく。

嬉しかったコトは、みんなが沼津に興味を持って頂いたコトである。

もっと頑張らないと。

3

|

2014年6月 1日 (日)

「下田入田浜の朝陽」

61

「娘と犬達と入田浜の朝陽」

夜中に起きて、沼津から下田入田浜へ。

伊豆縦貫道のおかげで、最近は1時間半ぐらい。

思いっきり朝陽を浴びながら、娘と犬二匹と浜を散歩。

62

毎度毎度のコトだが、何をするわけでもない。

ただただ、寝たり、考えたり、歩いたり、走り回ったり・・・・。

身体は疲れるが、頭の中がスッキリする。

|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »