« 「沼津の残像と今、そして未来」 | トップページ | 「TAKYO-136」 »

2014年2月16日 (日)

「ふたりのアーティスト」

2161

「ふたりのアーティスト」

昨日は娘と雪が残る東京へ。

渋谷で昨日まで開催されていた照明作家の川村忠晴展へ。

2162

路地裏の地下にある暗い空間に、川村ワールド満載。

新作もかなり展示しており新鮮な感じ。

優しい灯りに癒される。

2163

吏那も久しぶりの川村さんに大喜び。何らやふたりの世界に(笑)。

来月には京都、広島で展覧会が開催されます。

次に、銀座松屋で現在開催されている額賀章夫展へ。

216

興奮する吏那はマグカップを即決。早速今朝の食卓に並んでニコニコ。

同じ日に、私が敬愛するふたりのアーティストに

逢えるなんて夢のよう。23日迄開催しております。

|

« 「沼津の残像と今、そして未来」 | トップページ | 「TAKYO-136」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事