« 「THIS IS NUMAZU」 第二夜 | トップページ | 「NANO UNIVERSE」 »

2012年9月15日 (土)

「THIS IS NUMAZU」 最終夜

P1220837

「THIS IS NUMAZU」 最終夜。

この企画にかけた準備期間は6ヶ月以上。

遂に、最終日をむかえ、無事に終了した。

終わって思うコトは、「沼津のチカラ」の凄さ。

正直、ここまで盛り上がるとは思わなかった・・・・。

毎晩のようにバーカウンターは行列。

センターテーブルも予約でいっぱい。

今回のために製作した冊子も、たくさん持っていってくれました。

P1220890

まずは、市役所の三澤さんから、「何かやりましょう」から始まった。

その後、ニノエの橋本さんや小松さんと実行委員会を設立。

何度も打ち合わせを重ね、市役所の林さんや鈴木さんとまてめあげた。

途中、一番大変なところで、新波堂の植松氏が加わってくれた。

地道な作業の繰り返しで、様々なアイディアが出てきた。

ただ、これをちゃんとできるのか・・・という不安は毎日のように感じていた。

ただ、みんなチカラのおかげで、みんなが協力してくれた。

バーテンダー、6人の料理人、スタッフの方達、市役所の方、

冊子で登場して頂いたキーマンの皆様・・・・。すごいチカラがひとつになった。

P1220861 

私個人的には、理想通りの演出ができたと思っている。

弁当箱やテーブルまわりのしつらえ。そこにお客様の笑顔。

家具作家の大田さんのテーブルにあわせて、椅子のセレクション。

そして、一番難解だった、「冊子」の取材編集、製作。

P1220905

ここで失敗したら、沼津にはいられないぐらいの覚悟で製作した。

でも、そのおかげで、みんなの優しさも感じた。

入稿前は、深夜にも関わらず、仕事が終わってから原稿チェックをしてくれた。

この、表には見えてこない、地道な作業こそが、成功に繋がったと思う。

とにかく、今回は裏方にまわり、どうすれば皆さんに楽しんでもらえるか。

毎日、それだけを考えていた・・・・。

表で頑張った人、裏で頑張った人、みんなにお礼を伝えたいです。

皆さんは、本当に沼津の誇りです。

この「みんなのチカラ」があれば、沼津は絶対に大丈夫です。

そして、またやりましょうか・・・第二弾・・・・(笑)。

|

« 「THIS IS NUMAZU」 第二夜 | トップページ | 「NANO UNIVERSE」 »

THIS IS NUMAZU」カテゴリの記事