« 計画停電のお知らせ | トップページ | CANDLE NIGHT »

2011年3月15日 (火)

KIZUNA

連日流れてくる、被災地からの映像。

普段なら、目を背けたくなってしまうが、

今私達ができるコトは、現実をしっかりと理解するコトである。

時間が許される範囲で、テレビやラジオに耳を傾ける。

現実をちゃんと把握すれば、言われなくても「節電」に協力できる。

昨日の夜、近所は停電してないのに、真っ暗だった。

小さなコトなんだけど、「節電」に協力しているコトに感動した。

海外メディアが、「日本の心と絆」に賞賛している。

そんな国に、生まれ育ったことを誇りに思う。

実は、今回のコトを理解しているのかどうかわからないが、

私の小さな娘がもがいている。

必死で「地震」を理解しようとしているが、調子を崩した。

愛犬のエフも。いつも登り降りしているラセン階段を登れない。

我々大人以上に、ショックを受けているかも知れない。

我々ができるコトは、凄く「小さなコト」である。派手なコトもできない。

でも、その「小さなコト」こそが、絶望の中でも明日への道を創るのでは。

新聞では、復興に10年以上かかると報じられていた。

でも、我愛する日本国は、もっともっと早く復興できるだろう。

日本の心、そして日本人の「絆」を信じて。

みんなで頑張ろう!

|

« 計画停電のお知らせ | トップページ | CANDLE NIGHT »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事