« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

DAIDOCORO 完成

P1010520

3月8日、リニューアルオープンの「DAIDOCORO」。

内装工事が終了し、保健所の検査がパスしてホッとする。

やがて、東京から家具がどっさりと搬入。

ほぼ、完成しました。

あとは、細かいグラフィック作業を残すだけ。

結構、いい感じに出来上がりました。

あとは、弟分山ちゃんの腕次第です。

|

2011年2月27日 (日)

GREEN LIFEの家

P1010363

富士の住宅プロジェクト「GREEN LIFEの家」。

基本設計がほぼ終了し、実施設計へ。

現在、ご主人が一箇所だけ悩まれている課題が。

デザインや機能は、100%正解はない。

ある人はいいと言っても、ある人は嫌だっていうデザインもある。

私は、大いに悩むべきだと思う。どんなに時間かけても。

納得した上で、次へと進んでいく。

|

2011年2月26日 (土)

出版記念パーティー

P1010454

静岡の「D&DEPARTMENT」にて、

デザイントラベル誌の出版記念パーティーが開催。

各地から、多くの方が集まりました。

P1010371

今回のこのトラベル誌は、創り手の魂を感じました。

「外から見た静岡と、内から伝えた静岡」を感じる一冊です。

微力ながらも、我々藤原組もお手伝いできたことが嬉しかったです。

ここまで、静岡関係者が本気になったのは、

ナガオカケンメイさんや製作スタッフ、「D」の関係者の「人柄」だと思います。

本当にいい一冊のデザイントラベル本です。

P1010459

|

2011年2月25日 (金)

デザイントラベル誌 静岡

P1010289

ナガオカケンメイ総合監修・編集、「デザイントラベル誌」が、

本日2月25日に全国書店にて発売。

「静岡の創造性に、誰も気がつかない」。

ナガオカさん目線の「SHIZUOKA」が、一冊にまとまりました。

沼津からも、「hal」や「ブルーウォーター」などが特集。

そして、我々「FBC」も大特集(笑)。

P1010309

発売記念イベントも、静岡の「D」で開催。

26日土曜日の夜のパーティーには、私も参加します。

お時間がありましたら、皆様もご参加ください。

|

2011年2月24日 (木)

神様・仏様・渡辺様

P1010270

最後の最後でハプニング。

翌日のオープンを控えた現場で・・・・。

納品したテーブルの天板に塗ったワックスが、服に。

頭が真っ白になった。が、対処方法を考えなければ。

この時点で、もう夕方の5時。

今回の天板製作に、全く関係ない特殊塗装の渡辺さんに電話で相談。

「電話で話してもしょうがないんで、現場行きますよ」って。

連日の浜松の現場から帰ってきて、

久しぶりのお子さんとの再会の夜なのに、三島から静岡の現場へ。

そして、夜の現場。

何も文句を言わず、ひたすら明日のオープンのために補修を続ける。

数時間後、生きた心地がしなかったが、なんとか作業が終了。

「これで大丈夫です、お疲れ様でした。」って言って帰られた。

これが、職人の醍醐味であり、人間として尊敬ができる。

最近トラブル続きだっただけに、仲間の温かさを感じた。

本当にありがとうございました。

お店にも、ご迷惑をおかけしました。

|

2011年2月23日 (水)

SEC CAFE

P1010192

SEC CAFE」、いよいよ25日(金)リニューアルオープン。

この日は、一気に仕上げ。

東京から古材の天板が届き、設置。

現場では、お馴染みの特殊塗装の渡辺さんも。

多忙スケジュールの中、ありがとうございました。

P1010203

そして、最後に大阪「GRAF」から家具がどっさり届く(笑)。

熱い男、荒西氏も到着。

自分達が創った家具達を見つめる目は、まるで子供を見るような。

皆様ご協力誠にありがとうございました。

|

2011年2月22日 (火)

SHIZUGIN SHIP

P1040515

静岡銀行主催のイベントへ。

星野リゾートの、星野佳路さんのトークセミナー。

星のや軽井沢でも有名なリゾートホテル業界の重鎮。

今のリゾートホテルの現状と、業界組織の話がメイン。

どうやったら、社員は楽しく仕事が出来るのか・・・・。

久しぶりに、ノートにメモしながら聞くのに夢中だった。

P1010147

帰りは、多聞社長らや一緒に行った仲間と焼肉へ。

近藤君の漫談のような接客が面白かった。

|

2011年2月21日 (月)

山中湖プロジェクト

P1010125

研修合宿ホテル計画の「山中湖プロジェクト」。

二年に及ぶ長いプロジェクトでしたが、

今月中にはほぼ完成の予定。

今後、1番大事なグラフィックや家具などが・・・。

|

2011年2月19日 (土)

祝 上棟式

P1010043

大安の今日、「二世帯の家」の上棟式。

無事に、天気も良く、この日を迎えられるコトができた。

生まれ育った場所に戻ってきた、「Y」さん。

おめでとうございます。

6月下旬に完成予定です。

P1000992

施工/秀工務店 現場監督/吉川

|

2011年2月18日 (金)

ギャラリー天竺

P1000981

以前、ギャラリー天竺さんをリニューアル。

今回は、第二期工事。

仏像などの販売をしており、倉庫内は興味あるものばかり。

|

2011年2月17日 (木)

FBC始動

Fbc2

FBCが2011年遂に始動しました。

今日は初日なので、軽めの練習。

最年長グループの浅賀さんとマサさんも初日から合流。

この二人は、今年は投手として登録。

エースの座はどちらが獲るのか・・・・・・。

(写真は一年半前、ケンブリッジの森閉店時のモノ)

余談

FACEBOOKはじめましたが、なんだか全然わかりません(涙)・・・・。

久しぶりに、頭の中がチンプンカンプン。

|

2011年2月16日 (水)

静岡の創り手達・・・

P1000941

謙心さんと居山君と、静岡藤枝の奥地へ・・・・。

木工作家の加藤さんと、陶芸家の前田さんを訪ねる。

4月に4人の静岡の作家さんのイベントに、デザインディレクションとして参加。

P1000961

それに必要な写真や映像を撮影。作家さんの手元と目を中心に。

皆さん「目」が綺麗だった。

|

2011年2月14日 (月)

NEWS DELI

P1000866

スタッフクラサワと「NEWS DELI」でランチ。

野郎達には、たまらない定食系のランチがずらり。

私は、から揚げ定食で、クラサワは懐かしいナポリタン。

P1000851

やっぱ、昼飯はこうでしょう!っていうお手本のメニューラインナップ(笑)。

しばらくすると、店内にどんどんキお客さんが入ってくる。

P1000860

厨房担当の若干二十歳のうわさの坊やも登場!

|

「CAJON」デザインミーティング

P1000870

静岡市伝馬町の美容室「CAJON」(カホン)。

杉田さんご夫婦で、今春開店予定。

今日は、見積もりとデザイン案の提出。

今回、今までと違ったデザインの提案させて頂いた。

3月下旬、開店予定です。

|

「二世帯の家」基礎工事完成

P1000874

初夏に完成予定の「二世帯の家」。

無事に基礎工事が終了。RCの建物のようである。

今週末の上棟式にむけて、大工さんもスパート。

P1000875

|

「DAIDOCORO」工事終盤

P1000887

来月リニューアルオープンする「DAIDOCORO」。

夕方、現場チェックに行くと、遅くまで職人さん達が。

今後、仕上げ工事、厨房設置、電気工事にはいっていく。

|

2011年2月13日 (日)

今年の仕事

P1190859

自分自身、今年は何かを変えたいと思っている。

今までの「フジワラらしさ」に何かを加えるのか。何かを引くのか。

「今のスタイル」+「何か」=「2011年版フジワラスタイル」。

例えば、有機80無機20の考えから、有機20無機80もありえる・・・。

今まで、使ったコトがない材料にもチャレンジしたい。

デザインとは、最終的にその店にフィットしたバランスがすべて。

ただ、「かわいい店・かわいいデザイン」からは卒業し、

「カッコイイ店・大人な空間」を目指したい。

そのために、ドバイや日本各地をまわってインプットしてきた。

P1190079

店舗プロジェクトでは、

沼津の若手の2店舗をきっちり仕上げたい。

仲見世の「DAIDOCORO」と上土の「CAFE MAZERU」。

静岡でも、そろそ着工する若手美容室「CAJON」。

SEC CAFE」は、今日から工事着工し、25日にリニューアルオープン。

その後も、新静岡センタービル内に2店舗が待ち構えている。

住宅プロジェクトでは、

駿河平の家」と「二世帯の家」が、現在基礎工事中。

庭のある家」と「GREEN LIFEの家」は実施設計中。

どれもこれも楽しみな仕事ばかりである。

|

2011年2月12日 (土)

初雪の日に・・・・。

P1000839_2

暖かい沼津も、この日だけは雪化粧・・・。

理事総会のため、静岡に。

帰りに、静岡伊勢丹の裏にある「ノーブル」さんへ。

ハンバーグ専門店で、昔から通っている。

4種類のソースから選べるが、毎回「ノーブル」というソースを注文。

P1000846_2

デミグラスに、マスタードが混ざった、ちょっと大人なソース。

ハンバーグの下には、ソースが染み込んだスパゲティー。

お薦めのお店のひとつです。

その隣も、好きなお店の「OAK」。こちらはカレーの専門店。

いつも店の前に来ると、迷ってしまう。

|

2011年2月11日 (金)

祝 CAFEKICHI 8周年

Dscf1447

熱海のカフェキチ。

今では、熱海いや静岡を代表するカフェに成長。

そんなカフェキチが、8周年を迎えました。

当時、私も暇だったので、2週間くらいお手伝い。

Dscf1454

当時の青木氏は、まるで産まれたての子鹿のような青年でした(笑)。

それから8年。近所に、もう一店舗「キチ+」を開店し、

「熱海の若旦那」として現在活躍中。

スタッフからも愛され、夜の街を愛し続ける若旦那。

これからも熱海の街を盛り上げてください。

20110212110618

開店前、工事前の子鹿(大爆笑!)

今時、腰に手をそえないよね~(笑)。でもこれが熱海スタイル!

Img_6042

気持ちよさそうな若旦那。

P1210120

ドバイで、若旦那そっくりさん発見!(妻爆笑)

|

2011年2月 8日 (火)

TOKYO WALKER

P1000657

2月8日火曜日、新幹線で東京へ。

現在、工事進行中の「DAIDOCORO」の山ちゃん。

沼津仲見世のイタリアンカフェ。来月上旬オープン予定。

そして、その近所の上土で4月オープンする「CAFE MAZERU」の市川氏。

両クライアントとクラサワと4人で東京へ視察と家具や食器の仕入れ。

「DAIDOCORO」の山ちゃんに、食器やメニューデザインまで任されており、

パスタ皿や珈琲カップ、箸などをがんがん購入。

P1000670

仕入れの後は、最近気になっているお店を視察。

馬喰町にある、「RENEA」で昼食。イタリアンデリのお店。

地下には、メニューのないイタリアンレストランのある。

近所にある「フクモリ」の系列店でもある。

ここで、タイタコーポレーションの高松氏夫妻と待ち合わせし、渋谷界隈へ。

P1000700

高松さん最近のお気に入りのカフェ「ON THE CORNER」。

アメリカンな感じだけど、黒をうまく使ったデザインがカッコイイ。

スタッフもイケメンだらけ。女性陣はうっとり。

P1000676

夕方なのに、店内はほぼ満席。に加え、皆「MACBOOK」持参。

どこもかしこも、ノートパソコンを広げながらお茶している。

恒例の「沼津魂」の着火は、ここではしなかった(笑)。

こってりした、チョコレートケーキが絶品でした。

P1000734

次に向かったのが、これまた高松氏お薦めのお店。

中目黒にある「立飲ビストロSHIN」。

店名そのままの、立飲みにも関わらずビストロ料理が楽しめる。

ここも、しばらくすると満席。いや満員。電車のラッシュのよう(笑)。

アンチョビキャベツ馬鹿旨! パスタも何もかも旨い!

近所に引っ越したくなった。(キナシノリタケ風)

P1000685

今日は、高松さんにお願いした。若手達に指導してくださいと・・・。

若手達も聞きたいコトが山程ある(笑)。

コンセプトのコトや、料理・メニューの構成、値段設定などなど。

このような関係が、お店や街を盛り上げていくのでなないかと・・・。

余談

今日のタモンファッションのコンセプトは「GANTZ」スタイル(ミナコ談)

|

2011年2月 7日 (月)

駿河平の家 基礎工事

P1000631

年始に本格的に着工した「駿河平の家」。

複雑な基礎工事のため、約二ヶ月かかる。

3月上旬の上棟式を目指しています。

施工/秀工務店 現場監督・杉山氏

|

2011年2月 6日 (日)

なかじまいちご園

P1000619

静岡の「なかじまいちご園」。

地元に限らず、全国でも有名ないちご農家のいちご。

去年、店舗がリニューアルし、看板デザインディレクション担当。

看板デザインは、宣秀ネオンの日吉さん。

この日は、デザインプレゼンテーション。

やっぱ、日吉さんの仕事はいい!

|

2011年2月 4日 (金)

デザイントラベル誌 静岡

Img_0001

2月25日発売の、ナガオカケンメイ氏編集、

「デザイントラベル誌静岡」。

今回は、我ら「FBC」を特集して頂きました。

他にも、個人的に好きな静岡の好きなお店が数多く登場!

この日、相馬社長が沼津に来てくれました。

|

2011年2月 3日 (木)

ドバイリポート (完)

P1200681

ドバイ、デザインの旅を振り返って。

何でも世界一が好きなこの街は、大きなエネルギーを感じた。

それが、正解なのか不正解なのかわからない。

でも、確実に私にとって勉強になったし、またすぐにでも行きたい。

そして、新しいモノをたくさん見れた。

それをすぐに、私のデザインに取り入れるコトはないが、

たくさんのモノを見れたことによって、自分のデザインを再確認できたのは事実。

もちろん、日本でも、素晴らしいモノを発見できるし、素晴らしい街もたくさんある。

ただ、今回はどうしても中東エリアに行ってみたかった。

P1210360

そして娘との、初めての飛行機での旅。

片道10時間以上のフライトにも関わらず、動じない娘にあっぱれだった。

娘が大きくなった時に、記憶にないかも知れないが、

彼女にとっても大きな経験だったに違いない。

P1200508

空港では、ふざけながら一人でキャリーバックを引いている後姿を見て、

いつかは、こうやって海外に出てしまうのかなってさびしい気持ちにもなった(笑)。

ドバイリポート 完

昨年、世界一の建築が完成したセレモニーの映像。

やることがハンパじゃない。

|

2011年2月 2日 (水)

ドバイモール

P1200658 

ドバイモール」は世界最大級のショッピングモール。

館内には、1200以上のショップと、水族館やスケートリンクも。

P1200609

日本でもお馴染みのショップや、聞いたことのないようなお店まで。

端から端まで歩くだけでも大変。

でも、今回の最大の目的は、館内のショップを全部見るコト。

到底、一日でも見るコトが出来ないので、3日に分けて散策。

P1200615

「ドバイの、今」を象徴するデザインの数々。

ナチュラルとか、古材とか、エコとか一切なし。

私のデザインスタイルを真っ向から否定された気分だったが、

色とりどりだったので、とても元気になるデザインが多かった。

P1210256

ドバイでも人気の高い「DEAN&DELUCA」。

大きなショーケースに、色とりどりのデリやデザート。

見ているだけで、幸せな気分になる。

P1210033

ちょっとした、お土産屋さんも、空間ディスプレイは徹底している。

P1200756

館内にはカフェなど飲食店だけでも、100店舗以上はある。

P1210001

上の写真は、ドバイ版回転寿司である(笑)。

思わず、面白くなって、ジーっと見てしまう。

そして、凄いのは、屋外にて、毎日毎晩ウォーターショーが開催。

P1210299

ドバイ名物の「ドバイファウンテン」。

音楽に合わせて、噴水が上下左右に、まるで踊っているよう。

夜は30分おきに、5分のショーが行われる。

この夜は、この地を愛したマイケルジャクソンの曲が流れた。

P1210246

正直、何と誰と戦っているわけではないが、

自分が設定した目的なので、最後の最後まで歩いた。

他にも、2箇所のショッピングモールも散策した。

見なければわからないし、見れば刺激になる。

カメラ片手に、歩いては、止まって、パシャリ。その連続。

結局買い物は、ママのシャツと娘のサンダルだけでした(笑)。

|

2011年2月 1日 (火)

ジュメイラ ホテルグループ

P1210336   

ドバイには、多種多彩なホテルがたくさんある。

今回、私達が宿泊したのが、ジュメイラグループのホテルのひとつ、

ジュメイラビーチホテル」。家族向けで、とてもリーズナブルな価格。

P1200680_2 

ホテル内には、プライベートビーチやプール、ウォーターアトラクション等。

娘は、ここで泳いだコトが1番の思い出らしい・・・。

P1200689

天下の七つ星ホテル「バージ アラアラブ」(写真上)の真正面にある。

「バージ アララブ」もジュメイラグループのひとつで、全室スウィートルーム。

神田うの夫妻も新婚旅行で、フロアーを貸しきったという噂も。

P1210189

そして、そこから少し行ったところにも、関連ホテル「メディナジュメイラ」。

壮大な敷地内に、ホテルが3種類、ショッピングモール、レストランなど。

P1210378

ここは、アラビアンな雰囲気で、どこか落ち着く。

敷地内は迷路のようになっており、渡されたのは、小さなマップだけ。

地図には強い私ですら、頭の中がパニックになる。

川をアブラという船に乗って、敷地内を移動できる。

P1210340

ドバイのホテルの使い方として、ビーチ側にあるリゾート系か、

アルマーニホテルやジアドレスのように街中にあるホテルかの、

二種類に分けられている。圧倒的に、ビーチリゾートの方が多い。

この時期は、日本人観光客が少なく、欧州からの人が多く目立った。

彼らは、我々のようにセコセコ街を動くのではなく、

本を片手に、ゆっくりとビーチで過すコトが、「休むコト」のようだ。

P1200713

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »