« 静岡のプロフェッショナル達 | トップページ | 山中湖プロジェクト »

2011年1月23日 (日)

ボタンとリボン VOL3

P1200406_2

イワサキユカさんからメッセージです!

詩と散文の季刊誌「ボタンとリボン」VOL.3が、ウィンドチャイムブックスから、

発売されました。今回のタイトルは「words picnic」。

わたくし、岩崎有加も参加いたしました。

今回の舞台は長泉町にある、喫茶「awatenvou」です。

店主、冨岡まさよが一人きり盛るお店。そこに湘南チーム、

沼津界隈チームが集まり、awatenvouで想う事を、

散文にしてみました!

っていう十数ページにわたる巻頭特集で始まります。

いろんな街に、いろんな人がそれぞれ集まる場所があると思うんですけど。

自分がしっくり、すとんと、いられる場所っていうのがあるっていうのは、

「この街に住んでて、良かったなあー」って、しみじみ感じさせられるっていうか。

文化レベルがうんぬんかんぬんっていう、難しい話でなくて。

なんだっていうわけじゃないんだけど、お茶やコーヒー飲んだり、友達とはなしたり、

一人ぼんやりしたり、本読んだり、ご飯食べたり、次にやってくる恋を待ったり。。。。。

なんつー、そんなこと、しながら過ごせる場所。

そんな場所って言って、自分にも思い当たる方々、多いんではないでしょうか?

極端な話。

そういう自分の居場所があれば、どうにか生きていけんじゃないかな!なんて、

思ったりもします←笑

今回の「ボタンとリボン」には、awatenvouと店主、冨岡まさよにむけて、

それぞれの目線で言葉を綴りました。

ご興味のある方、ぜひぜひご覧になっていただきたいです。お願いいたします!

販売は、沼津→hal、センボンフラワーズミドリヤ

長泉町→クレマチスの丘ミュージアムショップNOHARA,、awatenvou

ネット通販 ウィンドチャイムブックス  恵文社  ヤフーブックス 

|

« 静岡のプロフェッショナル達 | トップページ | 山中湖プロジェクト »

イワサキユカ」カテゴリの記事