« THE NORTHFACE | トップページ | CGのような世界 »

2010年8月23日 (月)

THE PENINSURA TOKYO

P1140336

今日は、ちょっとひと休み。お預けだった家族サービス。

日曜日の夕方から「THE PENINSURA TOKYO」へ。

以前、読んだん本が「メイキング・オブ・ザペニンシュラ」。

建築から社員教育まで、このホテルができるまでのドキュメントをまとめた本で、

読んだ後、一度は訪れてみたいホテルのひとつだった。

P1140081

レセプションエリアには、左官界の巨匠「挟土秀平」の作品。

P1140272

全工程に2ヶ月間を費やした大作である。

レセプションカウンターの奥と、階段の壁面などに。

他にも、世界各国から集まったアーティストの作品が飾られる。

P1140104

夕方、銀座を散歩。本を何冊か調達してホテルの部屋へ。

テレビをつけずに、ラジオだけで過ごし、買ってきた本を読みあさる。

娘の吏那は、ベットの上で大はしゃぎ。

普段布団の生活なので、吏那にとっては遊び道具。

P1140337

でも、吏那が一番喜んだのは、ホテルの車のクラシックカー。

女の子なのに、ミニカーの数は群を抜く(笑)。

ちょうど同じようなクラシックカーのミニカーを持っていたため、大興奮。

そんな娘の姿を見て、運転手さんが娘を呼び、少し乗車をさせてくれた。

P1140119

普段、どんなに忙しくても、どんなに夜が遅くても、

一切文句を言わずに、妻と娘は家でお留守番してくれる。

巷は夏休み。みんなのように遊びに行きたいだろうなって。

だから、今日だけは、思う存分贅沢をさせたかった。

家族がいるからこそ、どんなに忙しくても、どんなに辛くても、

お父さんって頑張れるのでしょう。

|

« THE NORTHFACE | トップページ | CGのような世界 »

デザインの旅」カテゴリの記事

吏那の育児日記」カテゴリの記事