« 週末の仕事 | トップページ | 料理人のヤマちゃん »

2010年6月22日 (火)

高山氏とデザイン遠足

P1110470_3   

家具造形作家高山英樹氏が、急遽、益子から。

高山夫妻と一緒に、富士の「比奈カフェ」へ。

比奈カフェの隣の倉庫で、「比奈家具」が今夏オープン予定。

オープンの際に、様々な企画が開催される。

ひとつは、「高山英樹家具展」。

店内の設けられる特別スペースにて、高山ワールドを実現。

もうひとつは、ケンブリッジの森主催のイベントで、「ケンブリッジの森家具市」。

オープン当日は、「比奈家具祭り」状態になるでしょう。

P1110482

次に向かったのが「ターブル ドゥ クドウ」。

ここのカウンターを制作したのも、高山氏。

まるで我が子の再会の様に、カウンターをなでる。

P1110493_2

最後に、熱海の「KICHI+」へ。

ここにも高山氏の鏡やテーブル等が設置されている。

丸いテーブルを囲んでいると、次から次へと輪が広がり、

最後には、ちょっとしたデザインミーティングになってしまった。

スタッフのトヨタケが一生懸命考えて創ったラベルデザインを、

思いっきりダメだしする私と、優しくダメだしする新波堂の46君

同じコトをダメだししているのに、ちゃっかり高感度があがる46君(笑)。

それをフォローするかのように、でもダメだしする高山氏(笑)。

凄く小さいシールのコトで、思いっきり熱くなる中年オヤジ達。

最後には、マーケティングブランドの話までに発展。

ここで登場のビジネスサイン東海の飯塚氏。最後は説得力ある言葉が・・・・。

P1110505_2

頼まれてもいないのに、こうやって、ひとつのモノに向かって、

真剣に考えるオトコ達はやはりカッコイイし、頼もしい。

何よりも、説得力を感じる。

でもこうやって、人のお店のコトを考えられるのは、

オーナーでもある青木氏の人柄でもあり、人徳でもある。

比奈カフェのカズヤも、そのひとりである。

今日一日、高山夫妻とのデザイン遠足はとても楽しかった。

高山さんと一緒にいると、日々忘れかけてしまう、

モノ創りの「熱さ」を思い出させてくれる。

帰りのキャラバントークも最後の最後まで熱かった!

|

« 週末の仕事 | トップページ | 料理人のヤマちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事